パーソナルトレーナーの仕事とは

将来的に活躍が予想されるパーソナルトレーナー。どのような仕事をして、どういった資格が必要なのでしょうか。

パーソナルトレーナーの仕事とは

パーソナルトレーナーはマンツーマンでトレーニングを指導する仕事です。

米国など海外のスポーツジムでは普通の仕事になっています。

日本ではまだ一般的ではありません。

今回は【パーソナルトレーナーの仕事】について掘り起こしてみましょう。

◎将来的に活躍が予想されるパーソナルトレーナー。

これから予想されることでメタボ。

その対策として注目されています。

ではどのような仕事をして、どういった資格が必要なのでしょうか。

ダイエットのアドバイス・トレーニングのプランニング・カウンセリングなどをマンツーマンで行います。

一人ひとりに応じたプログラムの作成ですから、苦手なものの克服もしやすいです。

またより効果的な体作りと健康維持をサポートしてくれます。

プロの有名なスポーツ選手は専属のパーソナルトレーナーをつけています。

これが一般人にも拡大してきているのです。

スポーツ学的なアプローチのトレーニングだけではありません。

営業面からや健康面からもサポートしてダイエットを手伝ってくれます。

特に国家資格が必要ではないですが、NSCA認定のパーソナルトレーナーの資格を持っていると就職も有利になります。

まずは、ジムやフィットネス施設に採用されると道が広がると思います。

専門的な知識が必要ですからスポーツ系の大学で勉強してきた人は有利な職業のひとつがパーソナルトレーナーです。

◎いかがでしたでしょうか?

パーソナルトレーナーの仕事についてご理解いただけたと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加
パーソナルトレーナー情報紹介サイト Copyright (C) www.vacationtuition.com. All Rights Reserved.