不動産を担保にしたらどの位のローンが組める?

不動産担保ローンいっぱい特ダネ!

Yahoo! JAPAN

不動産を担保にしたらどの位のローンが組める?

不動産担保ローンいっぱい特ダネ!メイン

不動産を担保にしてローンを組む場合は銀行とノンバンクでは借りられる額が違ってきます。

不動産を担保にしたらどの位のローンが組める?

不動産を担保にしてローンを組む場合、多額の資金を借りる事が出来ますが、不動産の評価額の数割の額となっています。

その金額は銀行系とノンバンク系で異なり、一般的には銀行系のローンで不動産価格の5割ほど、ノンバンク系の場合は7割の不動産担保ローンが可能とされています。

また、審査は銀行系よりもノンバンク系の方が通りやすいともいわれています。

★ノンバンク系の審査基準がもっと知りたいなら…不動産担保ローンの明治アセット

不動産担保ローンを使う顧客はお金に困っているケースも多く、不動産を安価で取得する目的で行っている業者もいますので気をつけた方が良いでしょう。

不動産を担保にした場合、所有者は自身にしておく事が出来ますが、返済が出来なければ最終的には担保にした不動産を渡さなければいけません。

不動産を担保にしてローンが組めたとしても自転車操業状態である場合などは、最終的に不動産を市場価格の5割から7割で失う事になります。

その為不動産を売却した方が多額の現金を得る事が出来ますし、売却した方がメリットは大きい事も多いです。

ローンを組む際返済がきちんと出来るかどうか、余裕を持ってシュミレーションを行っておいた方が良いでしょう。

目的別ローンと異なり、不動産担保ローンは税金の支払いやおまとめローン化など好きな目的に資金が使う事が出来るメリットはありますが、担保としている不動産を失うリスクがある事は把握しておきましょう。

長期返済にしていく事が可能な業者もありますので、返済が難しくなった場合は金利の調整を依頼するか、返済期間を長くするなど返済出来なくなる前に調整を依頼する事が大切です。

PickUp Entry

不動産の価値はどうすればわかる?

不動産ローンの比較方法を知りたい